相続登記はどこで手続きするの?

相続登記を受け付ける法務局の管轄は、相続不動産の所在地によって決められています。

相続人の皆さまは、「法務局」という役所をご存知でしょうか。

 

実は、相続登記手続きを受け付けてくれる役所が、この法務局なのであります。

法務局なんて聞いたこともない」

とおっしゃる相続人の方々もいらっしゃるかもしれませんが、

日本全国で法務局は500箇所もあるともいわれています。

 

そんなに各地に法務局があるのなら、きっと便利だろう

と思いきや、実はそうでもありません

相続登記手続きは、特定の法務局でしか受付けてくれない仕組みになっています。そして、この仕組みを「管轄」と呼びます。

 

では、一体、どこの法務局を管轄として相続登記を申請すれば良いのでしょうか。

真っ先に思い付くのが、相続人の皆さまの住所地を管轄する法務局ではないでしょうか。

 

確かに、ご自宅の近所の法務局で、相続登記を受け付けてもらえるなら、これほど便利なことはないでしょう。

しかし、それは相続人が一人で全部を相続する単独相続の場合か、相続人が複数で相続する共同相続のうち、共同相続人の住所が1箇所に集中しているような場合でしかありません。

つまり、共同相続人の住所が全国各地に散らばっている場合、どの相続人の住所を管轄する法務局に相続登記を申請すれば良いのか迷ってしまいかねません。

 

そこで、法律は、相続された土地や建物といった不動産の所在地を基準にして法務局管轄を設定しているのです。

 

したがって、相続登記を申請する法務局が、相続人の皆さまのご自宅から、遥か彼方の遠方にあることも十分起こり得る現象なのであります。

 

でも、相続登記を管轄する法務局が遠方でお困りの皆さま、ご安心下さい。

そんなときこそ、全国対応の相続登記してnetが皆さまのお役に立てるのです。

さぁ未来への扉を相続登記してnetで開放しましょう!!
さぁ未来への扉を相続登記してnetで開放しましょう!!