初歩の初歩、相続登記とは?

相続登記とは、被相続人に属した一切の不動産の包括承継を公示することです。

相続登記とは未来への扉の開放なのです!!
相続登記とは未来への扉の開放なのです!!

人は、天国へ召されますと、全てものから”解放”されます。

借金で悩むことはもちろん、この世のしがらみ一切から解放されるのです。

 

でも、地獄の沙汰も金次第、財産だけは持ち続けたいと切に願う方々もいらっしゃるでしょう。

ですが、金品に宝石といった財産もまた管理に手間がかかるものです。

天国では、煩わしい財産から解放されることもまた幸せなのかもしれません。

 

それを知ってか知らずか、法律も相続について、

「相続人は、被相続人の財産に属した一切の権利義務を承継する」

と定めています。

亡くなった被相続人は、相続によって権利義務の一切を有しなくなるのです。まさに、一切から解放されるのです。

 

この亡くなった被相続人の財産の中に、土地や建物といった不動産が含まれている場合に必要になる手続きがあります。

これこそが「相続登記」なのであります。

 

心優しい相続人の皆さまはきっとお思いになるでしょう。

天国で解放されたんだから、登記でも解放してあげたい!!

 

ただ、相続登記は必ずお金が掛かります。

それ故、相続登記がなされず放置されるケースもないわけではありません。

でも実は、相続登記をせずに放置することで困るのは、この世に残された相続人の皆さまなのです。

 

相続登記をしないままでいると、せっかくの不動産を売ることも、それを担保にローンを組むこともできません。

相続は、亡くなった被相続人を解放するものですが、

相続登記は、残された相続人にとって

未来への扉を開放するものなのです。

 

峯弘樹事務所の『相続登記してnet』は、費用が高額だからといって相続登記を躊躇する相続人の皆さまを、格安料金で激烈サポート致します。

さぁ未来への扉を相続登記してnetで開放しましょう!!
さぁ未来への扉を相続登記してnetで開放しましょう!!